豆子郎の外郎がとにかく大好物で、郎帰省のお土産にもしますが、自分用に必ず購入します。

実家の近くにとても素敵な和の建物のお店があって、スタッフの方も最高の接客をしてくださるので、そこで買うことに小さなこだわりもあるのです。

美味しいものを、清潔感のある素敵なお店で、気持ちの良いおもてなしをしていただきながら購入する。

こういうお店には何年も通ってしまいますね~

小豆も抹茶も両方もっちりとしているのにしつこくなく、甘さも丁度良い塩梅でいくつでも食べられます。自分でセーブしてやめないと(笑)

いつもは密封されたものを買うのですが、今回は蒸したての生絹豆子郎(すずとうしろう)を買いました。
賞味期限が一両日中なので、我が家でいただくお八つとして。
帰り際にスタッフの方が、お子様に…と生絹豆子郎を半分にカットしたものを1つづつ子供達に下さいました。
もちろん子供に一口もらいました(笑)
まーこれが!出来たての美味しいことったら!

埼玉に帰ってからの、豆子郎といただくお茶の時間が楽しみになりました。

主人の実家には、賞味期限1両日のものは無理なので、いつも購入する豆子郎を購入しました。
(こちらは賞味期限1週間)
もともと和菓子が大好物の義両親。
歯が悪く、硬いものが食べられない義父は、うまいうまいと数本連続で食べていました。


今回は、栗かのこも今季出たばかりとのことだったので求めました。
こちらもとっても美味しかった~!

2013-8-13blog豆子郎