タイトルの通りなんですが、最近野菜高いですね。
雨が続いたり、気候がちょっと不安定になるだけで、先週まで198円で買えた野菜が398円とかになっていてひるみます。
かごに入れられなくてスーパーをぐるぐる回遊したのち、覚悟を決めて入れたりしません?私は野菜が高い時期はまるで回遊魚みたいになっています。 


それで、先日スーパーを回りながらふと思ったのです。 農産物は需要と供給、その時期の収穫量、気候で価格が変動するんだなぁと。 ごくあたりまえの事なのですが。その後で、農産物の価格設定って、ハンドメイド作品のプライシング(値付け)と通じてるかもとも思いました。

モノの値段。
つけるのすごく悩みますし、難しいですよね。
制作時間がかかっても、材料費の価格でしか売れないこともある。
好きでやってるんだけど、でも、私がやってるのは何だろうと脱力してしまう日だってある。

沢山あれば安く、希少なものは価値が上がり
求める人が沢山いれば高くても売れる、必要とされなければ(在庫が残れば)安価にする。せざるをえない…こともある。

人の手間には価値がある。でもそれ、お客様にメリットがなければ自己満足なだけだな。 お客様に価値を伝え、どう役に立つかを考えることをさぼっちゃいけないなぁと、回遊魚は思うのでありました。

=================================
 

選びぬいたリネンやコットン素材を使い、1枚1枚丁寧に仕立ててお届けしています。  image