友達へのプレゼントに、キルティングであるものを作っています。

キルティングって、縫っていくうちにキルトのミシン目がほどけてきたりするじゃないですか、使っているうちにも糸が抜けてきたり、生地を保存している時にもいつの間にかほどけてきてたり。

それで、私がキルティングを縫う時にやっていることなんですが、
切ったそばから周りを縫う!である程度解決します♪

2015-1-23blog (1)

全部のパーツを切り終わってからまとめて縫うのではなく、1つのパーツを切ったらすぐ縫います。

2015-1-23blog (2)
ミシン目を細かめに設定してふちをぐるっと縫います。私は目分量で5ミリくらいのところを縫っています。

さらにさらに、その上にロックミシンもぐるっとかけます。
もちろん家庭用のジグザグミシンで同じようにしても大丈夫です!

2015-1-23blog (3)
2015-1-23blog (4)

縫う時にほどけてくるというのが一番多いので、全ての端の始末が終わってから、作り始めます。

完成したものも、バッグや着るものに使う場合は擦れるのでほどけてきやすいです。
なので、プレゼントにする場合やお出かけ用のものをキルティングで縫う時は特にこのようにしています。

これだけやっても、使い続けていれば糸が抜けてきたりはありますが、最小限にとどめられるかなと思ってやっています。

コツというほどのものではありませんが、良かったら参考にしてみてください。