昨日、祖母が亡くなりました。
私を18まで育ててくれたおばあちゃん。
3週間前に余命宣告を受けて、半年から1年と聞いていた。

会いに行こうとしていたのに、急いで行っちゃったなぁ。

前回帰省した時は、もう私のことが分からなくなっていて、初めて会う人に言うみたいにこんにちはって挨拶されたんだった。
いろいろ分からなくなっているからショックを受けないように…と言われていたから覚悟はしていたけど、18年育てた孫でも忘れてしまう事があるんだなと少し寂しかった。

うちは複雑すぎる家で、まーいろいろあったのだけど、私がそこそこマトモに育ったのはおばあちゃんのおかげだと思っています。
気づかないところでも沢山沢山守ってもらっていたと今は分かる。

おばあちゃんの人生は半分以上波乱万丈だった。
でも、最後の10年くらいは少しづつ子供に戻っていき、心の中は穏やかだったのかなと思う。


おばあちゃんが死んだらどうしよう。
子供の頃、それを想像すると怖くてどうしようもなかったな。

でも昨日、その日が来て、心の中に落とし込むようにしっかり受け止めた私がいました。

本当に踏ん張って頑張り抜いた人生でした。
私が知っています。本当にお疲れ様でした。
母親代わりになってくれて、感謝しています。
みきはもう大丈夫じゃねって思ってあちらに旅立った事もちゃんと伝わってるよ。

心からありがとう。